インドのジェネリック製品のカベルタは正規ルートで手に入れましょう

ED治療薬のカベルタを製造している会社のことをご存じでしょうか。
この薬を製造してるのは、インドにあるランバクシー社という会社です。
この会社はインドではもっとも大きな製薬会社であり、120カ国以上でランバクシー社の薬品が取引されています。

カベルタの主成分は、シルデナフィルクエン酸塩であり、ほとんどバイアグラと同じ効果があります。
シルデナフィルクエン酸塩が開発されたのは、1990年代のことですもともとは心臓の疾患を治療するための薬として開発され、狭心症の治療薬として研究がされていたのですが、狭心症の症状を改善する効果は実際にはなく、研究開発の途中で陰茎の勃起に効果があることがわかりました。
体内酵素ホスホジエステラーゼ5が働くと勃起力を弱める働きがあるのですが、バイアグラを服用することによって、陰茎の勃起を回復させる働きがあります。
これがバイアグラがED治療薬として開発された経緯でもあります。
バイアグラの価格ですが、約1錠1500円から2000円ぐらいで取引がされるようですが、インドのランバクシー社製のカベルタなら、バイアグラの約6分の1程の価格で手に入れることが出来ます。

正規品よりも安く購入することができるため、需要度の高いのが実情です。
現在はこのカベルタは日本では認可されていない薬品でもあります。
そのため、日本の病院で処方されることもなければ、日本での販売もありません。
これは薬事法による定めでもあり、営利を目的として日本で輸入販売されることは認められていません。
ただ個人輸入であれば、合法であるので、手に入れることができます。
手に入れるのであれば、直接自分で個人輸入をするか、手続きが面倒に感じるのであれば、個人輸入代行業者を利用するとよいでしょう。

この薬を服用するときに、気をつけなればならないことがあります。
それは、空腹時に服用することです。
なぜなら、空腹時に飲むことで、薬の効果を引き出すことができるからです。
服用するときには、アルコールと一緒に飲んではいけません。
その理由はアルコールの中には、血管を膨張させてしまう効果があり大量の血流が流れてしまう恐れがあるからです。
同時に薬を服用すると相乗効果でかなり血行や血流がよくなりすぎてしまいます。

高血圧の方や心臓が悪い方は、さらに注意が必要になるでしょう。
服用する際には医師に必ず相談してからにしましょう。
EDの治療薬としては即効性効果が高い薬ですので、ニトログリセリンや一酸化窒素供与剤を服用されている方、肝機能障害のある方、未成年の方などは、特に注意をしなければなりません。
このジェネリック製品でもあるカベルタは、偽物が世界中に出回っているので、インドにあるランバクシー社製のものを手にいれる必要があります。

必ず製造元を確認してから、正規ルートで手に入れるようにしましょう。
個人輸入で手に入れる場合は、インドからの輸入であることやランバクシー社製のものであるかどうかをしっかりと見定めてから取引をすることが大切です。

Comments are closed.