カベルタの副作用を知ろう

カベルタというED治療薬は勃起不全の改善に非常に有効な医薬品とされていますが、もしこれからこの医薬品の服用を考えているのなら副作用や注意点を把握しておいた方が良いです。
また、これらの副作用には個人差があるため、服用したすべての人が副作用の症状が出るわけではないですが、副作用を理解してから治療薬を飲むことは大事です。
もし副作用の症状が出てもその症状は一時的にみられるものであり、後遺症がずっと残ってしまうことは無いので安心してください。

医薬品の効果が無くなるにつれて副作用の症状も軽減していくといわれています。
さて、まず報告されている医薬品の副作用は体のほてりです。
カベルタは体の中の血流を良くしてくれる医薬品であり、その影響で全身にほてりが出てしまうのです。
本来なら男性器の血流を良くして勃起不全を改善することが目的ですが、男性器だけでなく全身にも医薬品の効果が出てしまうのが現状です。
それにより全身の血の流れが良くなることから体がほてってしまい、それが副作用としていわれています。
また、この体のほてりの症状は軽い体のほてりなのでそれほど気にする必要は無いです。

そして鼻には粘膜がありますが、この粘膜が充血してしまうと結果的に鼻づまりが起きてしまうことがあります。

ごくたまに鼻がつまってしまうことがありますが、時間の経過とともに症状が改善します。
ほかに報告されている副作用は消化不良であり、これは体の中にある消化管の血の流れが活発になったのが原因です。
そのため医薬品を飲んで消化不良がおきても、それは体内にある消化管の働きが高ぶっていると思うようにしてください。
これも時間の経過とともに症状が和らぎます。
また、人によっては頭が痛くなることがあるので、そんなときは頭痛薬を飲むようにしましょう。

ちなみに頭痛薬とカベルタは一緒に飲んでも良いとされているので、頭痛の症状が酷い場合は一緒に飲むことをおすすめします。
そしてカベルタの効果の持続時間は4時間程度と言われているのですが、もしそれ以上効果が続いてしまうと男性器が損傷してしまう可能性があるので、このような症状が出ると将来的に勃起をすることが困難になってしまうことがあります。

そのため、もし平均的な持続時間より更に効果が続いてしまうのなら迅速に主治医に話をするようにしましょう。
このように医薬品を服用すると様々な副作用があることを紹介しましたが、正しく医薬品の効果を発揮させるためにも正しい服用方法をすることが大事ですし、もし医薬品を服用して体に異変を感じるのであればすぐに服用を辞めて病院へ行くようにしましょう。
また、重い肝機能障害のある人、一酸化窒素供与剤や硝酸剤を投与している方、低血圧の方や脳梗塞の方はカベルタを使用することが出来ません。
そのため医薬品を飲む際は注意する必要がありますし、勃起不全を治療する医薬品は誰でも使って良いというわけではないので気をつけましょう。

Comments are closed.