カベルタの正しい服用方法について

カベルタを使ってインポテンツを改善するためには正しい医薬品の服用が大事です。
また、バイアグラのジェネリック医薬品であるカベルタを使用することにより臨床実験でほとんどの方が効果があったという結果が出ていますし、もし現在インポテンツで悩んでいるのならこの医薬品を使ってインポテンツの症状を改善させていきましょう。
しかし医薬品の服用方法を間違えてしまうと、ほとんど効果を発揮することが出来ないので、正しい医薬品の飲み方が大事なのです。
飲み方と飲むタイミングが違うだけでも効果の効き方もだいぶ違うので、オススメの服用方法について紹介します。

caverta01

まず医薬品の服用は性行為をはじめるおよそ1時間前ぐらいに飲むようにしましょう。
カベルタは飲んだ1時間後ぐらいに効果があらわれるので、性行為の1時間前に飲むのがベストタイミングです。

また持続時間は最長で5時間程度であり、血中濃度の最高潮は医薬品を飲んでから90分後とされています。
つまり勃起不全の症状を改善できる最高潮の時間帯が飲んでから90分前後であり、このタイミングで性行為を行うことが望ましいとされています。
この時に性欲があると医薬品の力によって勃起力をキープすることが出来ます。
そして医薬品は空腹時に飲むようにしましょう。
それはカベルタという治療薬は飲食物に影響されてしまうことから、医薬品の成分が体内で吸収しにくくなるのです。

特に脂質が多い食事だと医薬品が影響されて、薬物を体内で吸収しづらくなります。
そのため医薬品の効果を効率よく発揮するのなら脂質物を一切食べていない空腹時に飲むことが好ましいです。
また、食後に医薬品を服用する場合は食事をとってから2時間ぐらいたったあとに飲むようにしましょう。
食事の内容にもよりますが、油物が多い食事を食べてしまった場合は出来る限り時間をあけたあとに医薬品を飲むようにしてください。
そして食前に医薬品を服用する場合は、食事の30分前ぐらいに飲むようにしましょう。
大体30分もあれば医薬品の成分が体内に吸収されるので、吸収されたあとに食事をとるようにします。

次にアルコールですが、お酒をたくさん飲みすぎると勃起力が悪くなることがあります。
勃起不全というものはお酒を沢山飲みすぎることによって悪化してしまうことがあり、それはアルコールの過剰摂取によって体が鈍くなってしまうからです。
体が鈍くなってしまえば男性器を勃起させるための神経も鈍くなり、勃ちも悪くなってしまいます。
そのため、性行為を開始する前にお酒を飲みすぎるといったことはやめましょう。
ただ、アルコールは適切な量であれば精神的にリラックスできる効果があるため、適度な量であれば飲酒をしてもかまいません。

またこのようなリラックス効果は性欲を高めてくれる効果もあるので、勃起不全の治療には効果的だとされています。
カベルタを使用する際は適度なお酒の量と一緒に、インポテンツを改善していきましょう。

経験者の意見は参考になりますよ

EDは現代の医学でなら治るので、とにかくそれを信じて治療を続けることが大切です。
とはいえ、一体どうやったら、症状が改善されるのかは経験者にしかわかりません。
だからこそ下のサイトを覗いてみてください⇒カベルタとは?(他のサイト)
EDと真っ向から闘ってきた私がすごいと思えるような情報が書かれています。
参考になること間違いなしでしょう。

Comments are closed.