個人輸入で購入出来るインド製ジェネリック医薬品の需要

インドには数多くの製薬会社が存在しています。
インドの製薬会社は、特にジェネリック医薬品の分野に力を入れている所が多いのですが、ランバクシー・ラボラトリーズ社も、そんな会社の一つです。
ランバクシー社の製造するジェネリック医薬品の種類は多岐にわたりますが、カベルタという製品は、ランバクシー社の手がけるバイアグラのジェネリック版として、日本でも人気があります。

カベルタはバイアグラ同様にシルデナフィルを主成分としていて、その効果はバイアグラと殆ど同じです。
ですが、価格が非常に安い為に大変人気があるのです。
さて、ランバクシー社は、元々は日本の塩野義製薬の販売代理店でしたが、1961年には独立した製薬メーカーになり、世界中に工場をおく大企業にまで成長しています。
また、近年ではランバクシーは第一三共グループに買収されて子会社化されて、日本企業の傘下にある会社となっています。
この様に、ランバクシー・ラボラトリーズは、その設立から現在に至るまで日本との関わりの強い会社です。

近年、日本の製薬メーカーはインドのジェネリック市場に注目しています。
インドに会社を構えると人件費を安く抑える事が出来ますし、そのジェネリック医薬品の巨大な市場は日本の製薬メーカーにとっても魅力的なものでしょう。
実際に多くの日本の製薬会社は積極的にインドの企業と関わりを持ち、ジェネリック市場への参加を試みている様です。
この様に日本の企業が関わっているランバクシー社ですが、その製品の多くは日本での販売は認可されていません。
先に挙げたカベルタも、日本では認可されていない医薬品です。
それでも多くの方が、この治療薬でEDの悩みを解決しています。

というのは、個人輸入代行業者を使えば、日本で認可されていない医薬品も購入する事が可能だからです。
医薬品を取り扱う大手の個人輸入代行業者では、医薬品をまとめて購入する事によって、かなり安く購入する事が出来る様になっており、この仕組みを使う事でカベルタは4錠入り一箱が1,000円程度で購入可能です。
通常、日本国内ではバイアグラを購入するには4錠入りで6,000円が必要とされている事を考えれば、その安さがわかるのではないでしょうか。
インド製ジェネリック版ED治療薬を使う多くの方が、こうしたジェネリックならではの低価格に魅力を感じている様です。
EDに悩んでいる方の中には、新薬は高くて購入出来ないという方も多くいらっしゃる事でしょう。
そうした方にとって、カベルタの様なインド製ED治療薬は必要不可欠な存在だと言えるのです。

こうした日本で認可されていない医薬品は、自己責任で使用しなければならず、重大な副作用が起きた時に国の保障を受けられないというリスクが有ります。
しかし、インドの医薬品開発技術は確かなものですし、大手の個人輸入代行業者では、独自に成分鑑定を行うなどして、その安全性を検証した上で販売しています。
個人輸入代行業者でインドのジェネリック医薬品を購入するという選択肢は、今後も需要が高まっていく事でしょう。

Comments are closed.